, ,

昭和29年、築60年を超えた古い木造平屋建てをフルリフォーム

住居形態  木造平屋建て
築  年  昭和29年
概算費用  890万円
工  期  約2か月
リフォーム箇所
屋根・キッチン・和室・トイレ・浴室・洗面所・ウッドデッキ・駐車場・耐震補強

【ご要望】
冬も暖かく過ごせる家にしたい。老朽化が進んでいるので雨漏りなどを直したい。水廻りも古いので取替えたい。

現状の建物は、屋根=瓦、外壁=下見貼り、内壁=土壁(木舞壁)、基礎=束石、建具=木枠・単板ガラス、この当時としては普通の建物です。
夏は風通しが良く涼しいのですが、冬はすき間風が入るためかなり寒く、これがこの家の最大の問題でした。
次の問題は、雨漏りです。 瓦屋根は何度も補修した後があるのですが、老朽化が激しいので葺き替えることになりました。

屋根は瓦で重いため、平屋にもかかわらず耐震強度が標準値(上部構造評点)1.0に対して0.56しかありませんでした。
瓦をガルバリウム鋼板に葺き替え、屋根重量を軽くすることにより耐震強度をアップさせます。

 

 

 

 

耐震補強をするには、基礎の補強が必須です。 束石のため布基礎で補強し、その上に土台、筋違を取付けていきます。

 

 

和室だった寝室は、床をフローリングに仕上げ、天井は石膏ボードとクロスで仕上げました。
壁は既存の漆喰壁をそのままま活かすことにしました。
木建具も和風の建具に全て交換しました。

 

 

 

 

和室と広縁を一体化しバリアフリーとしました。 畳の下には断熱材とコンパネを敷いて床補強と断熱効果をアップさせました。

屋根葺き替え、基礎補強、耐震壁補強、サッシ交換、木建交換、床フローリング貼り、天井張り替え、キッチン、トイレ、ユニットバス、洗面化粧台交換、ウッドデッキ、駐車場(土間コンクリート)のすべてのリフォームを完了しました。

 

PAGE TOP