間取り変更をきっかけに 築50年の木造住宅を耐震補強

耐震補強工事

住居形態    木造2階建て在来工法
築 年     昭和39年
概算費用    176万円
工  期    約1か月
リフォーム箇所 リビングと建物全体の耐震補強

【ご要望】
4.5畳の2つの部屋を1部屋のリビングにして、耐震補強と窓を1か所増設したい。

Before
リビングと洋室の間の間仕切り壁を取り払います。

After
広いリビングになり、窓も新設して明るくなりました。
壁も耐震補強し安心です。

Before
壁一面が全開口の窓でしたので、開口を狭め、1/3を耐震壁にします。

After
補強壁を作り、サッシを入れ替えました。

1・2階、全5室9か所の壁と2か所の柱を耐震補強しました。
柱、筋交い金物、L型やホールダウン金物をとりつけ、補強部材の下地材を設置。

下地材の上に「耐震ボード」を貼ります。
補強前の耐震診断では、上部構造評点が1.0以上必要なところ0.43しかありませんでしたが、
補強後は1.01までアップしました。

PAGE TOP